top of page
  • 執筆者の写真ARISA

料理を上手に撮るzoom講座で生き方を学びました


私が受けた

zoom講座


第一弾は

アメブロの整え方と

教室運営スタートアップ講座


感想のブログはこちらをご覧ください



第二弾は

大工のヨガ講師

タクちゃんによる

ヨガレッスン



そして、

本日、

第三弾!!!


自然光で料理を上手に撮る方法を

学びました



わたしは写真をうまく撮れないという

コンプレックスを抱えてまして


以前はパリサのインスタに主人と共同で発信してたんですが、

写真がダサいという事で


わたし個人のアカウントに載せて欲しいと


要請があったほどなんですね



そんな話を

第一弾で大変お世話になった

奥林純子先生に話したところ


(奥林純子先生のブログはこちら★https://ameblo.jp/bread-and-days/


ご紹介いただいたのが

今回の講座でした。



料理専門家の写真教室 フェリカスピコ

フォトグラファーの佐藤 朗さんによる



【自然光で撮影する基礎講座】


約2時間の

ZOOMのライブ講座でした


事前にレジュメがありそれに沿って

先生の実践を交えながらの説明があります。



写真を撮る向き

カメラの設定

構図


など


技術的なお話も満載だったのですが


私が一番印象に残ったのが

これ







「適当に撮った写真は適当に写る」









そして先生は

こうもおっしゃっていました。




「適当に作った料理はそれなり

適当に書いた文章も、あ、手を抜いてるなって

読み手は感じてしまう。」


それと同じなんです、と。



す、すごい


確かに、確かにそうだ




私は料理をするときは

おいしくなぁれ

おいしくなぁれ

美味しく食べてほしいな

と念を込めて←

作っているのに、


写真を撮るときはその感覚がなかった


どのように写ってほしいのか

どの部分を見てほしいのか

どうしたら美味しく見えるのか

この写真を見た人に何を伝えたいのか

何を感じ取ってもらいたいのか


これからは

なんとなく撮るという行動はやめてください


とおっしゃる先生の言葉に

すべて見透かされたようで

思わず、ドキッとした




そして

それは

人生も同じだなと


ちょっとスケール大きくなっちゃうけど(笑)、


適当に生きる人生じゃなく、なんとなく生きるんじゃなく、

自分の進む道をしっかりとイメージをし

頭の中を整理しながら


生きていくことを・・・


ここに誓います




いつかこんなふうに

素敵な写真が撮れることを祈りつつ





閲覧数:47回0件のコメント

コメント


bottom of page